スワップポイントの高い会社を選んでトレード

手荒れを防ぐにはとにかく水につけないこと

手荒れを防ぐにはとにかく水につけないこと

手が荒れることを防ぐためには、とにかく手を水につけないようにしなければなりません。どんなにハンドクリームをつけて保湿や補修を行っても、水にぬらしてしまえば思うような効果を得ることが出来ないのです。
そうはいっても、普通に生活をしていて、手を水に絶対触れさせないということは不可能でしょう。手洗いなどはお湯でも出来ますが、台所仕事や掃除などでは冷水を使用しなければならない状況が必ず出てきます。
そういったときは仕方がないので、ゴム手袋などをして対処するようにしてください。体質によってはゴムの成分で荒れるという場合もあるので、中にビニール袋もはめて二重にしておくと安心です。蒸れるということも避けたいので、水作業が終わったあとは速やかに外してしまうようにしましょう。こちらの手荒れにお伝え下さい。

 

手荒れを防ぐことは難しいことですが、できる限り保護するようにして手の休息期間というものを設けるようにし、慢性的に手を荒れさせることのないようにしたいですね。

ホーム RSS購読 サイトマップ